【体験談】ブログは続ければ収益化できます【継続は力なり】

ブログ

 

運営者の夢生(いぶき)です。

 

2018年10月からブログの運営を始めて、

グーグルアドセンスの審査に合格したのが

2019年2月。

 

それから約一年が経過しましたが、

先月の2020年1月、グーグルさんから、

アドセンスの報酬をいただきました。

 

他のASPでの報酬はまだ発生しておらず、

グーグルアドセンスのみという結果ですが、

無理なく、細々と運営してきて、

『やっとここまで来た!』

といった思いです。

 

私が収益化できた理由、

身につけた能力はたった一つ。

 

『とりあえず続けること』です。

 

スポンサーリンク

ブログで一番の難関は継続すること

 

ブログ運営で一番の難関は

『継続』です。

 

途中で離脱してしまう人が

多いと言われているブログ界。

 

私がブログの運営を始めた頃に

読んでいたブログも、

今では『一切更新されていない』状態は

数多く見かけています。

 

その中にはグーグルアドセンスに

合格している人もいて、

『なんかもったいないなぁ』と

感じています。

 

あれこれ考えることも

時には必要ですが、

悩みに悩み、更新が出来なくなるのなら、

『とにかく継続することだけを考える』ことが

とても大切だと思います。

 

収益化は後で考える

 

収益面を重視して、

ブログ運営を進めた場合、

すぐに成果は出ないので

多くの人は挫折すると言われています。

 

これは、『事実』だと思います。

 

私がブログ運営を開始して、

グーグルアドセンスに合格するまでが4ヶ月。

 

そこから初めての報酬を得るまで、

11ヶ月ほどかかり、約一年かかっています。

アドセンス合格まで、初報酬までは個人差があります。

 

これは私の運営スタイルにもよりますが、

あまり収益化をメインに考えてはいない

という所が大きいかもしれません。

 

早い人は、1年以内に

成果を出している人もいるようですが、

それでも1年はかかってしまうのです。

 

なので、地道にコツコツ

続けることが苦手な人にとっては、

少々、苦労するかも知れません。

 

ここが、継続の壁となっている人は

沢山います。

 

なので、収益化のことは、

後で考えることをオススメします。

 

記事を書けなくても継続する

 

ブログを継続するためには、

『書き続けること』ですが、

『書けなくても運営を続けること』です。

 

私は2ヶ月ほど、

ブログの更新が出来ない期間があったり、

更新ペースは、まちまちです。

 

それでもマイペースに運営してきた結果、

『収益化』に繋がりました。

 

『書けなくても続けること』が大切です。

 

読者に寄り添う記事を書く【読者の視点で考えて書く】

 

色んなブログや、

ブログ論的なものを読んできて思ったことは、

最終的な結論(伝えたいこと)は、

『結果を先に書くこと』でした。

 

わたしの過去の記事を読み返して見ると

『結論を先に書いている』

『結論を最後に書いている』と

様々でした。

 

ですが、日頃、仕事をしていて、

上司に何か報告をするときも

過程を話すよりも先に、

結論を話しますよね。

 

『読者にとってどちらが親切か』

考えた時に、最も親切なのは、

『結果から書いている記事』です。

 

一生懸命書いた記事でも、

『流し読みする人』

『途中で読むのをやめてしまう人』

『長文を読むのが苦手な人』

色んな方たちがいます。

 

そういった方たちのためにも、

『その記事で何を伝えたいのか』を考え、

その記事の最も伝えたい部分を、

記事の冒頭部分に持ってきて書くのが、

『読者に寄り添う記事』になりますね。

 

ブログはすぐに成果が出るものではない

 

ブログをどれだけ一生懸命書いても、

すぐにアクセスが来たり、

収益化できるわけではありません。

 

アクセスや、収益に気を取られていると、

モチベーションの低下に繋がってしまいます。

 

なので、根詰めることよりも

自分が楽しく書ける状態で続けることが、

最も重要です。

 

記事を書けない時は休んだりインプットする時間にする

 

記事を書けない日が続くと、

モチベーションはどんどん下がっていきます。

 

そんな時は、休んだり、

情報をインプットしたりして、

好きなように過ごしましょう。

 

休む時はしっかり休む

 

私は、記事を書けない時は、

音楽を聴いたり、

楽器を演奏したり、

本当に好きなように過ごしています。

 

寝る時は、たくさん寝ます。

 

ブログを続けるためには、

適度に休むことも、重要です。

 

『自分に足りない要素』をインプットする

 

記事を書けない時は、

『自分に足りない要素』

インプットしましょう。

 

自分に足りない要素というのは、

ブログを続ける上で、

自分のためになることです。

 

そして、そのことを記事に生かすことで、

誰かのためになります。

 

インプットと一言で言っても、

本やネットを使い、

ひたすら勉強しよう!

というだけの話ではありません。

 

『散歩してみたら、こんな良い効果があった』

という自分の中で新たな発見をするのも、

インプットの方法の一つです。

 

『こんなことして意味があるのか』と思うような

本当に何気ないことでもいいのです。

 

そして、その情報を、どのように

『ブログの記事として

成り立たせるのか』を考えることが

『読まれる記事』と

『読まれない記事』の差ではないかと、

思っています。

 

それには、その情報を生かすために、

『ブログ記事の書き方』も

インプットした方が良いですね。

 

その上で、記事に

アウトプットしていきましょう。

 

インプットも地道な積み重ねと、

継続が必要になります。

 

ブログは続けることが大切です

 

ブログはなによりも、『続ける』ことです。

 

収益化を考えるなら、

自分のペースでも良いので

とにかく『続ける』ことです。

 

私の場合は、約一年という

長い期間はかかりましたが、

それでも続けた結果、

収益化はできました。

 

そして、続けるためにも、

適度に休み、

自分に足りない要素(情報)を

インプットしましょう。

 

これからも、色々考えながら、

ブログの更新を楽しんでいきたいと思います。

 

以上、夢生(いぶき)でした。

 

コメント