エネルギーの無いものはガラクタである【プラス思考】

生き方

 

どうも 夢生( いぶき ) です。

つい先日、iPhoneを落下させ画面が故障し、

暫くの間強制的に脱スマホ生活を

余儀なくされております。

 

マイナスなことが起きると、

ふと「ついてないなぁ」と思いがちですが、

私はここ最近人間関係に疑問を持ったり、

時間の使い方について考えている時間が多かったので、

これは人間関係を見直すのには

丁度いい機会だなとプラスに考えています。

今回の一見から、

マイナスに見える出来事からの学びと、

プラスに考える方法を書きます。

(大した記事ではないかもしれませんが、お付き合い下さい。)

 

スポンサーリンク

どれだけ良いモノを持っていてもエネルギーがなければガラクタ同然

 

一見プラス要素に見えない言葉ですね。笑

身の回りのモノはエネルギーで溢れている

 

現代のモノの多くはエネルギーを必要としますね。

むしろ、「エネルギーを必要としないモノなんてあるのか」

といったところです。

iPhoneやスマートフォンは

もちろん充電があるから使える訳で、

無ければ使えません。

車や電車、パソコン、ゲーム機等々、

身の回りのモノ全てがエネルギーの塊です。

もちろん、この文字を打つキーボードも

人がエネルギーを使って指を動かしているからこそです。

最新のiPhone、良い車、良いパソコン、

バンドでギターやベースをやっている方だと良い機材。

観賞用は別ですが、これら全て、

エネルギーが無ければ、

ただのガラクタになってしまうんですよね。

 

普段使うモノが使えないというのは邪魔でしかない

 

電源の入らないiPhoneやスマートフォンを鑑賞する人って、

私が知る限りではいません。(いたら教えて下さい。)

普段使うものを使えない状態にしておくというのは

無意味であり、そのモノが存在する場所も、

無駄になる気がしてならないです。

iPhoneが小型だから良いものの、

携帯電話というものが初めて登場した頃のサイズで、

壊れているとしたら、本当に邪魔じゃありませんか?

極端な例ですがそういうことです。笑

冷蔵庫や洗濯機も同じですね。

(始めからこの2つを例に上げるべきだった)

 

エネルギー(活力)の無い人間はガラクタだ!

 

この話の終着点がここでした。

そういう人を否定する気はありません。

色々な事情が重なって

無気力となってしまった人もいるでしょうし、

仕事が忙しすぎてプライベートは何もできない

といった人たちも大勢いることでしょう。

そういう人たちに対してはガラクタだなんて思いません。

ただ、自分で自分を鼓舞する言葉として

「エネルギーの無い人間(自分)はガラクタだ!」

と思うのは良いことではないだろうかと思う訳です。

 

以上のことより、iPhoneが壊れた時に考えたプラス要素

 

人間関係を見直す機会だ

 

バックアップを取っているので、

iPhoneの修理が終われば元通りにはなるのですが、

この際なので人間関係を見直そうと。笑

SNSやLINE等で色んな人達と繋がっている感覚かと思いますが、

自分自身にとって必要な人間関係は

どれぐらいなのか判断する良い機会です。

この人とは連絡が取れなきゃ困るなぁと思う人がいれば、

その人は今後も残っていくかもしれません。

ただ、「別に誰とも連絡が取れなくても大丈夫」という人は

案外一人の方が好きなのかもしれませんね。

私は案外平気です。

(まだ誰も読んでいないであろうブログをひたすら書いているのだからそりゃ平気だ。)

人間関係は上手く選別しないと、

余計な時間を食うことになるものです。

人は常に時間との戦いですから、

気づいた時にはもう・・・なんてことの無いようにしたいものですね。

 

SNSや不必要な情報に時間を取られない

 

SNSは人によって使い方は様々ですので、

色んなつぶやき、宣伝、愚痴、ネガティブ発言、

タメになる話などが流れてきます。

タメになる話というのも、

その場ではなるほどなぁと思うかもしれませんが、

今の自分に必要な言葉かどうかが重要です。

それでタメになった気でいるのであれば、

それはタメになっていないのではと思います。

それほど自身に響かなかったものだったら次の日には忘れています。

(私は結構忘れています。)

その場合、今後にしっかりと活かせるように、

自分自身に反映させることが大切です。

必要な情報、タメになる情報、

色んな情報が溢れているので、

情報を選別することも大切なのです。

SNSの使い方を今一度見直す良い機会ですね。

 

エネルギーのないモノにはなりたくない

 

この記事の前半にも書いた言葉、

その言葉から得たプラスの考え方です。

前半である程度書いてしまったので簡略化しますが、

この言葉も自分にとってのプラス要素になります。

頑張ろうと思わせてくれます。

 

まとめ

 

iPhoneの故障という何気ない日常の出来事から、

学べることとプラス要素があるということ。

あなたの身の回りに起きるマイナスの出来事も

視点や考え方を変えるだけで、

プラスの要素は生まれます。

不幸と思うのは「不幸の思考回路」が

出来てしまっているからですので、

視点や考え方をこの記事を通して考えてもらえたら幸いです。

もし、何らかの理由でiPhoneを使えない状況になったときは

是非この記事の内容を・・・

思い出して下さい!

 

このどうでも良さそうな記事を

ここまで読んで下さってありがとうございます。

 

コメント