自由や楽しさを履き違えないでほしい【価値観】

生き方

 

運営者の夢生(いぶき)です。

 

「自由な生き方」

「楽しく生きる」

 

ある意味このブログでは推奨している言葉ですが、

昨今、この前向きな言葉を履き違え、

まるで「悪」に見えてしまう瞬間があります。

 

ネット社会の到来により、

動画配信等、色んな形で稼ぐ人たちが増えてきましたが、

「その発信の仕方は間違えた方向に進んでいやしないだろうか?」

と、思う時があります。

 

この記事では、

私の思うネット社会に対する考え方や思いを書きます。

 

スポンサーリンク

自由が自由を奪う

 

自由な考え方、発想、大切にするべきだと私は思います。

しかし、そういった活動をする際に

気を付けなければならないことがあります。

「誰かを傷付けない」

「法に触れない」

「誰かに迷惑をかけない」

「危険なことはしない」

気にするべきこと、

守らなければならないことって沢山あります。

「気にする」というよりも、

無意識的にそうしない方向を選んでいるのが、

一般的な考え方となるでしょう。

 

飛躍した考え方の捉え方

 

本来、お金を稼ぐということは、

「誰かのためになることをする」

ということが基本的な考え方ですよね。

エンターテイメントの世界であれば、

楽しんでもらったり、感動してもらったり、

その対価としてお金をいただく訳です。

 

「誰もやらないことをやる」というのは、

素晴らしいことですし、素敵な発想です。

しかし、それを安易に履き違え、

「悪ふざけ」に近いものになってしまっては、

言語道断です。

 

ルールに従っている人の迷惑となる

 

何事も間違った方向で進んでしまうと、

同業者や同じような活動形態を取り、

一生懸命活動している人に対して、

「非常に迷惑な行為」となります。

お金が絡んでくるのでなおさらです。

 

ルールを守らない、

自由という不自由の中で考えることができない。

そういった人たちが目立ってしまうと、

規制やルールが厳しくなるものです。

ただでさえ、クリエイティブな作業は大変なのですから、

そんなクリエイターたちの足を引っ張るようなことには

ならないようにするのが基本原則ではないでしょうか。

 

ルールを守らないことで増える不自由

 

基本的に、考え方も発想も発言も、

全て自由ではあります。

しかし、それを多くの人に発信する場合、

金銭が発生する場合、

考える必要があります。

 

ルールを守らないというのは、

余計なルールを増やすことにもなりかねません。

 

自由や楽しいという感覚を

履き違えてしまっては、

自分たちやその他の人たちも、

不自由になっていきます。

 

そもそも自由とは不自由なもの

 

生きている以上、

本当の自由というのは得られないものです。

本人の気づいていないところで、

ルールが定められているからです。

そして、気づかないうちに、

従っているものです。

沢山お金を稼いだら自由になれる気がしても、

結局お金に縛られる生活になります。

どんなに自由に思えても、

目に見えていないルールは存在します。

その暗黙のルールは、

自分自身が考え導き出さなければならないものです。

 

「自由」とか「楽しい」というのは素晴らしいものですから、

ルールを守らないことで邪険にされてしまうのは、

悲しいことです。

 

まとめ

 

本来、私自身、

堅苦しい発言は好きではないです。

ルールだ規則だとは言いたくない部類ですね。(笑)

100%とは言い切れないかもしれないが、

理解しているつもりなので、わざわざ言いたくはない。

しかし、こういった媒体で吐き出しておけば、

毎度毎度言う必要もないので、

今回書かせていただきました。

 

自由や楽しいことを追求できる人というのは、

実社会と少し外れた生き方かもしれません。

その中には「生きづらい」と感じている人も

いるはずです。

そういう人達の生き方、

クリエイターたちの生き方の、

邪魔になるようなことは控えてもらいたいものです。

 

もっと、自由が自由であるように。

楽しさが本当に楽しいものであるように。

そんな願いを込めて、この記事はこの辺で締めくくります。

 

読んでいただきありがとうございます。

 

コメント