生きづらい人はかっこいいじゃん【生き方】

生き方

 

運営者の夢生(いぶき)です。

 

世の中生きづらい人は、きっと沢山います。

それでも、自分を誤魔化し、我慢しながら、

生きていくほうが何かと『楽』なのかもしれません。

 

楽な方に向かうのは、

人間の性質的に仕方がないのかもしれませんが、

それではつまらない人生になりかねません。

 

とは言っても、

『生きづらい人たち』がどうやって生きていけば良いのか。

その答えはどこにも存在しません。

一人一人、考え方や価値観も違うため、

その人の中にしか答えはありません。

 

だからこそ、

その『生きづらさ』と戦いながら生きる人の生き様は、

かっこいいものになるのだと思います。

 

スポンサーリンク

生きづらさの原因はどこにある?

 

人間関係が面倒な人、

会社員が向いていない人、

そんな人達にとって、今の世の中はとてつもなく

生きづらいかもしれません。

 

学校教育では社会で生きるために、

当たり前とされる価値観の教育しかされてきていないでしょうし、

いざ社会に出てみて、初めてわかることも沢山あるでしょう。

 

『自分には合わない』と知った時、

薄っすらと見えていた未来のレールは、

一瞬にして崩れ去ります。

 

社会に出れば、自分の力で生きていくのは誰にでも共通していますが、

その『社会そのもの』が合わないとなった場合、

待っているのはそのレールから外れた道です。

 

他人との比較

 

当たり前だと思ってきたことが、

当たり前だとされてきたことが、

『自分には向いていない』と知った時、

周りの人たちは当たり前のように物事をこなし、

自分との差を突きつけられます。

 

そんな時は、

これまで当たり前と思ってきた価値観を

一度捨ててしまいましょう。

 

自分の中で捨てきれずにいると、

いつまでも苦しい思いをすることになります。

 

『正社員が当たり前』『一生同じ会社に勤める』

『アルバイト生活なんてありえない』

『ずっと未婚だなんてありえない』

他にも沢山あると思いますが、

もしこんな考えが自分の中にあるなら、

そんな考えは全部捨ててしまいましょう。

 

『大多数を参考にした当たり前』で苦しむ人達がいることを知り、

多様な価値観を認めることで、

生きる選択肢が増える場合もあります。

 

まず、その価値観で自分自身を苦しめているということを自覚し、

自分の考え方を変えてしまいましょう。

 

環境も重要

 

全てを環境のせいにするのは間違いですが、

環境も大切です。

 

親は選べないと言いますが、

住む場所、職場、友人関係、

それらは自分で選ぶことができます。

 

自分で選べるものは自分で選択し、

後悔のない人生を送ることです。

 

自分に適した環境を選択するというのは、必要なことです。

適さない環境に居続けても、

時間を浪費していくだけです。

生きている時間は、案外短いものです。

 

目まぐるしく移り変わる日々で

忘れてはいけないことは、

自分が幸せだと思える環境を築くことです。

 

『当たり前』を諦める

 

『生きづらい』なら、

生きやすい方法を見つけることが重要です。

 

自分がやり続けることの出来ること、

譲れない価値観を優先できること。

それが叶う場所があるなら、

そこに向かって全力を尽くしましょう。

 

もし、そういった職場があるなら転職すれば良いし、

自分で切り開ける道なら進みましょう。

 

人生は一度きりだし、全て自己責任です。

その覚悟がある、その道しかないと思ったなら、

迷わずに進むべきでしょう。

 

『夢は叶わない』という言葉を逆手に取れ

 

『夢は叶わない』、よく聞く言葉ですが、

その言葉を逆手に取って考えてみましょう。

 

『叶わないこと』は全て『夢』ということです。

 

『当たり前の生活が合わない』ということは、

それはその人にとって『夢』ということです。

 

『挑んだけどダメだった』なら、

他の道を進むのは自然な流れではないでしょうか。

 

『夢は叶わない』のだからその『夢』は諦めましょう。

 

別の道を選んでも、成功する保証はありませんし、

必ず報われるとは断言出来ませんが、

がむしゃらに、自分が良しとして進んだ道ならば、

後悔することは少ないのではないでしょうか。

 

『仕方がない』という言葉も逆手に取れ

 

よく、『仕事だから仕方がない』

という言葉も聞きますね。

ある程度のことは我慢できますし、仕方がないと思えます。

 

しかし、明らかに度が過ぎていることに対して、

この言葉を使う人もいます。

それで全て片付けてしまうのなら、

ロボットにでも改造されてしまった方がマシでしょう。

 

『仕方がない』で全てが片付くなら、片付けてしまいましょう。

 

生きづらい人や、会社員が向いていない人は、

その『当たり前の生活が合わない』のだから『仕方がない』ことです。

人によっては屁理屈と言われるかもしれませんが、

それでその人の心がスッキリするなら、

それも有りだと思います。

 

生きづらい人は自分のできること、譲れない価値観を優先しよう

 

全ての人が自分の自由に、

好きなように生きると、社会は成り立たなくなりますが、

生きづらい人には、好きなように生きる権利ぐらいあっても良いと思います。

 

泳ぎ方を知らないなら、覚えれば良いだけですが、

泳ぎに特化している生物に勝とうとしても無理です。

 

人間にはそのために知恵が備わっています。

自分の知恵をフル活用して、

他の生物とは違う方法で勝つことはできます。

 

足りない情報は探したり、

自分で考えたりすれば良いだけです。

別に勝ち負けなんてどうでも言いことですけどね。笑

 

『生きづらい』と思って精神を病むぐらいなら、

『好きなように生きろ』ってことです。

 

そして自分にとって何が一番大切なのかを考えましょう。

子供、親、夢、仕事、恋人、大切にしたいことは人それぞれ。

どれもこれも大切なら、無理とは言わず全て大切にしてみましょう。

 

自分の生き方や考え方を大切にすることは、

自分を大切にすることと、同じことです。

 

生きづらい人はかっこいい

 

『生きづらい』とは思いつつも、諦めずに抗う姿は、

実際に見えづらい一面でも、かっこいいものです。

そんな生き方が出来る人ってなかなかいません。

 

もし、今生きづらいと思っていて、

ほんの少しでも行動出来る元気があるなら、

今からでも何かを変えるために動いてみましょう。

 

生きているなら、遅すぎるなんてことはありませんから、

諦めずに行動してみましょう。

その行動が、同じ境遇の人達を変える原動力になるかもしれませんし、

生きづらいと思う人には、それだけの力があると私は思っています。

 

コメント

  1. しばふ♉ より:

    こんにちは夢生さん、しばふ♉です✋。とても興味を惹かれるテーマだったので読ませてもらいました。
    自分と周囲(社会)とのズレ、「誰かの当たり前」に合わせる、嫌なことへの「仕方ない」という諦め気味の対応、どれも生きづらさを作り出してしまってる要因して納得がいくものばかりでした。そこから自分は読んでいて「それらには『自分の正直な想い』を無視したり後回しにしてしまってるという共通の背景が存在している」と思いました。それと「夢は叶わない」と「仕方ない」への発想の転換と環境選びもとても大事なことですね。自分も20数年生きてきた中であらゆる意味での環境が与える影響の大きさを痛感しました。合わない環境にいれば加速度的に腐っていき、ピッタリな環境にいればエネルギーで満ち溢れていくことは人間だけでなく、自然に生きる全て生命にも人工的に作られた機械にも言えることですしね。最後に完全に理想丸出しですが、自分は「好きなように自由に生きてこそ回る社会」になってほしいです。影響の範囲も出来ることも微々たるものですが、自分なりのやり方でほんの少しずつでも実現出来るようにやっていこうと思います。

    長くなりましたが、今後もこのブログを楽しみにしています。夢生さんペースで無理なく続けていってください(´▽`)ノ。

    • 夢生(いぶき)夢生(いぶき) より:

      しばふ♉さん、コメントありがとうございます。環境によって作り出されてしまう状況というのは、少なからず自分の考え方にも影響してしまうものですよね。
      その考え方や、環境をどう変えるのか。目の前のことに精一杯になっていると、忘れてしまいがちになります。
      そして、そんな『生きづらさ』を抱えている自分を責めてしまう場合もあるため、『生きづらい人は本当はかっこよくて、強い人なんだ』と、
      何かを追って生きたり、『生きづらい』と思うということは、しっかりと生きている証拠だと、色んな思いを込めて書かせていただきました。
      『理想』も頭の中だけではなく、言葉にすることで影響力が備わるので、こういった形でも誰かに伝わってくれたらいいなと思いながら、
      運営しています。(文章力をもう少し磨きたいところですが。笑)
      『好きなように自由に生きてこそ回る社会』、とても良いです。私もそうあってほしいと思います。
      『理想』かもしれない、しかし『理想』無くして文明が発展することは無かったでしょう。
      『理想』を『理想』で終わらせてしまった人たちの反論は気にせず、自分なりに行動していきましょう。
      私も少々長くなってしまいましたね。今後もよろしくお願いします^^