生きづらい人は副収入を作ろう【生き方】

生き方

 

運営者の夢生(いぶき)です。

 

『生きづらい』と思いながら生きるのは嫌なものです。

という私も生きづらいです。

税金も上がり続け、給料も増えない。

会社勤めが合わず、自分の将来像が描けない。

そんな人は副収入を作るべきです。

そして出来ることなら自分の得意なことや好きなことで稼ぎたいですよね。

稼ぐ方法や、環境というのは大切です。

副業といっても、簡単に収益を得るのは難しいですが、

最初の一歩さえ踏み出してみれば、可能性は広がるものです。

仮に、月5万円の副収入を得られれば、今の仕事を辞めて、

他の仕事に転職できるかもしれません。

月20万円で生活している人が副収入で10万円得た場合、

外で稼ぐのは10万円で良いので、正直バイトでも十分生活が出来るわけです。

時間が欲しい人にとっては良い方法かもしれませんね。

もちろん仕事を辞めずに月の給料20万円と、副収入の10万円、

合わせて月30万円を手にして生活を続けても良いのです。

その辺は人それぞれですので、自分に合う方法を選びましょう。

副収入を作る方法としてどんな方法があるのか、

いくつかご紹介します。

 

スポンサーリンク

お仕事マッチングサイト『クラウドワークス』

 

在宅で仕事が出来る『クラウドワークス』さんです。

パソコンやネット環境、案件に対するスキルまたは興味があれば作業が可能です。

ライターの仕事やホームページの制作、ロゴの制作、

プログラミング系の仕事まで幅広くあり、

自分にできそうな案件を選んで仕事を受けることができます。

出来高制の案件が多くありますが、

始めてで不安な人でも、『初心者OK』という案件もあるので、

始めやすいのが特徴です。

 

\クラウドワークス/



 

利用するメリット

 

  • 会員登録無料
  • 好きな時間に作業ができる
  • ネット環境があれば場所を選ばず仕事ができる
  • 資格やスキルがなくても大丈夫
  • 初心者でも始めやすい

 

初心者でも気兼ねなく利用できるのが良いですね。

会員登録は無料なので、実際に登録してどんな案件があるのか、

探してみても良いと思います。

 

利用するデメリット

 

  • 高単価案件はスキルか実績が必要

 

私がデメリットとしてあげられるのはこれぐらいです。

プログラミングの案件などはスキルが必要ですし、

単価もそれなりに良いです。

ライター系の案件は、実績を積んでいけば高単価な案件を受けることもできますし、

コツコツやることが大切ですね。

 

得意なことで稼ぐ『ココナラ』

 

テレビのCMなどでもおなじみの『ココナラ』ですね。

自分の得意なことを活かして稼ぐスタイル。

『曲作りますよ』とか、『ロゴのデザインします』とか色々。

翻訳だとか、動画編集だとか、なんでもOK。

自分の出来ることをアピール(出品)して、購入してもらうという形。

趣味程度にやっていることでも、収益に繋げられる可能性もあるので、

せっかくならお小遣いぐらい稼いでみても良いでしょう。

 

\ココナラ/



 

利用するメリット

 

  • 自分の得意なことを活かして稼げる
  • 会員登録・出品ともに無料
  • ネット環境があればOK

 

得意なことを活かして稼ぐことができるので、色んなやり方ができます。

『ココナラ』は会員登録しなくても、

どんな案件が出品されているのか確認できるので、

実際に見てみるのも良いです。

中には『こんな内容のものもあるのか!』というのもあるので、

『これなら自分にもできるかも』と思えるかもしれません。

 

利用するデメリット

 

  • 少々セルフプロデュース力が必要
  • 購入者がいないと収益0円
  • ライバルが多い

 

自分のスキルや得意なことに自信を持って取り組むのはもちろん、

少々セルフプロデュース力が必要でもあります。

同じ内容の案件を出品している人もいると思うので、

コツコツと販売実績を作っていくことが必要です。

購入してもらえなければ、収益は得られないので、

どうアピールするのかがカギですね。

コツコツと販売実績を作っていくことが必要です。

 

今や知らない人はいないであろう『Youtuber』

 

根強い人気を誇る動画サイト、『YouTube』を利用して稼ぐ方法ですね。

こちらは、少々条件があるので、いきなり稼げるわけではありませんので、

長期的に見てやっていける人向きです。

簡単に言えば『YouTube』に動画を投稿してその動画に広告を付けて稼ぐスタイル。

要はテレビでいう番組とCMの関係ですね。

収益化をするためには、

①チャンネルの登録者数が1000人
②動画の総再生時間が4000時間

という条件をクリアする必要があります。

今ではスマホでも高画質な動画が撮れる上に、

編集まで可能なので、参入するのは比較的簡単です。

 

\YouTube/

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

 

利用するメリット

 

  • やり方によってはかなり稼ぐことができる
  • スマホでも投稿や編集可能
  • 誰でも利用可能

 

一応私が思うメリットはこちらになります。

私もYoutubeは音楽発信の場として利用していますが、

収益化はしていないのでなんとも言えないのが正直なところ。

しかし、企画力があったり、動画編集などの技術が素晴らしければ、

楽しんで利用していけるのは間違いないでしょう。

自分で発信する場を持てるというのはメリットですかね。

有名所の人たちは一般人とはかけ離れた金額を稼いでいるようなので、

努力すれば可能ということでしょうか。

 

利用するデメリット

 

  • 稼げるようになるまでは長期戦
  • 動画の撮影や編集といった部分でポテンシャルの維持が必要
  • ライバルが多い
  • セルフプロデュース力は結構必要

 

まずは、収益化の条件をクリアする必要がありますので、

稼ぐことをメインに考えると、長期戦になります。

ライバルはかなり多いので、後発組は大変かもしれません。

動画における全ての作業を一人で行う場合、結構大変です。

YouTubeを利用して稼ぐためには、セルフプロデュース力がかなり必要です。

もし、長期的に利用していくことになれば、それなりの撮影・編集機材、

技術が必要になってくるかもしれませんね。

 

ネットビジネス『ブロガー・アフィリエイター』

 

知っている人は知っている、知らない人は全く知らない。

『ブロガー』や『アフィリエイター』と呼ばれる人。

ざっくり言えばサイトを作って商品や広告の宣伝をする方法ですね。

宣伝したものを読者さんが購入や登録をして始めて収益となります。

(例外もあります。)

一応私もこの部類に入りますね。

といっても、収益化は全然できていないので偉そうなことは言えませんが、

副業としてやっていくには丁度いい位置かもしれません。

 

『ブロガー』や『アフィリエイター』は自分でサイトを制作するスタイルです。なので紹介しなければならないサイトが沢山あるため、現段階では紹介程度にとどめておきます。後に、記事でまとめられればと思います。

 

利用するメリット

 

  • 不労所得になり得る
  • パソコンがあればOK
  • 時間や場所を選ばずに仕事ができる
  • 誰でも参入可能

 

一度サイトの開設までたどり着けば、あとは記事を書くのみ。

色々と学ぶべきこともありますが、上手くいけば、一度書いた記事が半永久的に、

収益を生む可能性があるので不労所得になりやすいのが特徴。

パソコンとネット環境があれば、あまり詳しくない人でも、

サイトの制作までは比較的簡単にたどり着けるため、参入しやすいかもしれませんね。

Wi-Fiとノートパソコンがあれば、どこでも作業可能なので、

収益化が安定している人は仕事を辞めて旅をしながら作業する人も。

多種多様な運営方法、生活スタイルを実現することもできます。

 

利用するデメリット

 

  • 少々初期投資が必要
  • 初心者にとっては開設後が難関
  • 継続するのが難しい
  • 案外長期戦

 

年間1万円あればおつりがくる程度ですが、運営費として必要になります。

月で割ればそんなに大きな額ではありません。

そして、サイト開設までの流れについては、

色んな人が紹介しているので比較的簡単です。

それ以降が大変で、SEOだとかアナリティクスといった、

人によっては見慣れない言葉が沢山出てきます。

そして、記事を書くにしても色んなノウハウがあったり、

ネット上に情報が交錯しています。

収益化を考えるならば、こちらもYouTube同様に、

長期戦で考えるべきですね。

 

まとめ-生きづらいなら何事も楽しんでやってみよう-

 

こちらの記事では以上4つの副業になりそうなものを紹介しました。

他にもまだまだ色んな方法があるでしょうし、

ここで紹介したのはほんの一部だと思ってください。

メリットやデメリットも人それぞれの考え方ですしね。

どんなことであっても、楽しんでやっていかないと続けられないと思うので、

何事も尻込みせず、楽な気持ちで始めてみても良いと思います。

生きづらいと思っている人なら尚更、楽しく生きていきましょう。

今の仕事が辛いという人は先に転職するのも有りです。

やっぱり、どんな人にでも適材適所ってあるものですから、無理する必要って無いです。

命の方が何倍も大切ですからね。

 

余談ですが、私が何かで成功した場合は、生きづらい人たちに

何かしら支援したいなぁなんて考えています。

地位も肩書もスキルも無い私に何が出来るのかはまだまだわかりませんが。

 

生きづらいと思っても、何事も諦めずに楽しみましょう。

 

コメント