HSPが生きづらい理由とこれからの生き方【内向型】

性格診断・占い

 

運営者の夢生(いぶき)です。

 

HSPとは強い感受性を持ち、

周囲の状況に非常に敏感で、

繊細な人のことです。

HSP診断テスト - 選ぶだけの簡単セルフチェック
あなたのHSPの度合いを知ることができます。繊細な自分を知ることで、自分や世界の見方を変えることができます。

 

私はこの診断テストで、

HSP度『中』と診断されました。

 

HSP度が中の場合、

『HSPであると思われる』という

ざっくりとした診断結果ではありましたが、

ネットの記事や本を読み、

HSPについて調べてみました。

 

その上で、HSPが生きづらい理由と、

これからの生き方について、

お話させていただきます。

 

スポンサーリンク

HSPについて

 

HSPとは、『Highly Sensitive Person』

(ハイリー・センシティブ・パーソン)の略語であり、

主に『感受性が強い、繊細、人一倍敏感』という

気質を持った人のことです。

 

このHSPは心理学に基づいた性格分析であり、

全人口の15~20%がHSPであると言われています。

 

割合で言えば5人に1人です。

 

また、HSPの7割は内向型で、

3割が外向型と言われており、

約半数以上が内向型です。

 

視覚や聴覚、嗅覚などのあらゆる感覚が鋭く、

素晴らしい能力ではあるものの、

一般社会ではストレスの原因になってしまいます。

 

以下にHSPの特徴についてまとめました。

 

HSPの特徴【生きづらい理由】

 

HSPと診断された方の中には、

『生きづらい』と感じている人が

多いかもしれません。

 

HSPの特徴として代表的なものを挙げると、

  • 感受性が強い
  • 五感が鋭い
  • 思考が深い

といった特徴があります。

 

私の経験上、HSPの特徴の大部分は、

『感受性』にあると思っています。

 

なぜ、生きづらいと感じるのかも含めて、

HSPの特徴を掘り下げてみます。

 

他人の感情に敏感

 

HSPは、他人のイライラ、暴言、態度などを

敏感に感じ取ってしまうのがHSPの特徴です。

 

学校や職場、家庭環境など

様々な場面で、

『感情的な人』に遭遇すると思われますが、

HSPはその『感覚』を

敏感に感じ取ってしまいます。

 

また、その感情に

左右されてしまう傾向にあるため、

精神的に疲れやすく、

ストレスを溜めやすい傾向にあります。

 

ほかにも、他人の言動の節々に

違和感を感じてしまうこともあり、

雰囲気から相手の感情を

察することもあります。

 

このようなことから、

生きづらいと思ってしまう原因の1つに

なっています。

 

精神的な疲れは、

溜めすぎてしまうと、

肉体にも影響が出てくるので、

注意しなければなりません。

 

思考が深いため、考えすぎてしまう

 

他人の感情はもちろん、

知り得た情報について、

徹底的に考えるのがHSPの特徴です。

 

極端な例を挙げるとすれば、

『生きている意味』について考えたり、

他人の言葉の真意を探ったりと、

他の人が考えない、考えようとしないところまで、

深く追求しようとします。

 

思考の深さは人それぞれですが、

その思考の深さは、

他の人が気づかないことにも気づくことで、

『リスク回避』に繋がることがあるので、

メリットでもあります。

 

ただ、社会生活を送る上で、

人との接触は避けて通れないため、

考えすぎてしまうHSPにとっては、

デメリットに感じてしまう部分が

多くあるかもしれません。

 

光や音などの刺激に敏感

 

五感が鋭いという特徴があるHSPは、

光や音に敏感と言われています。

 

光に敏感な場合、

お店の照明などが明るすぎると不快に感じる。

 

音に敏感な場合、

大きな音や騒音、テレビの音なども不快に感じる。

 

匂いに敏感だったら、

その匂いが強すぎると吐き気を伴ったりと、

繊細すぎるが故の苦労があります。

 

HSPは感受性の塊

 

色々な捉え方がありますが、

全部ひっくるめてHSPは、

『感受性の塊』で形成されていると

言えるかもしれませんね。

 

感受性は、芸術面などでは力を発揮しますが、

一般社会ではストレスフルになりがちです。

 

無意識的に、色んな方面に

アンテナを立てているため、

色んな感情や感覚を取り込みやすい気質です。

 

HSPの生き方

 

HSPの人は、これからどのように生きるのが

良いのでしょうか。

 

生き方は人それぞれなので、

『正解は無い』というのが

答えになってしまいますが、

もし、HSPで悩んでいるのであれば、

以下を参考にしてみて下さい。

 

『自分らしく生きる』と強く思って行動すること

 

感受性が強く、内向型が多いHSPにとって、

『自分らしく生きる』というのは最も重要です。

 

そして、自分らしく生きられるように、

行動していきましょう。

 

ダメなことではありませんが、

HSPは思考が深いので、

他の人よりも行動が遅いことがあります。

 

もし、『こうしたい』

『こうやって生きていきたい』

と思うことがあるなら、

今すぐにでも行動しましょう。

 

時間は有限なので、

もし『現状を変えたい』『生きづらい』と

思っているなら、

一歩ずつ前進しましょう。

 

HSPは常に考える人です。

 

少しぐらいわがままに生きてみましょう。

 

自分に適した環境を優先し、大切にする

 

HSPの人は、自分に適した環境があれば、

その能力をフル活用することができます。

 

ただ、適した環境を探すためには、

やはり行動が必要になってくるため、

自分が楽しいと感じることを

優先して考えましょう。

 

『楽しいと感じる』

『好きだと思えること』を

優先して考えた場合、

深く考えずとも自然に行動できるはずです。

 

これは仕事に置き換えても同じです。

 

『楽しくないこと』を何十年も続けるより、

『楽しいこと』を何十年も続けた方が、

合理的であり、生産性も上がります。

 

完璧を求めない

 

HSPは完璧主義の一面も持っています。

 

完璧を求める気持ちは、

凄く良くわかります。

 

ただ、世の中、完璧な人はいません。

 

完璧ばかり求めていると

心に余裕がなくなってしまいます。

 

そんな時は少し休んで、

自分自身と向き合い、

心に余裕を持たせましょう。

 

まとめ

 

以上が、私がまとめた

『HSPが生きづらい理由とこれからの生き方』です。

 

色々と調べてみて、

私が出した最終的な結論は、

『楽しく生きよう』ってことです。

 

この言葉は、このブログで

色んな所で言っていますが、

『楽しく生きる』って大切なんですよね。

 

楽しいことを考えている時、

楽しいことをしている時の心のエネルギーは、

凄く有益な時間をもたらし、

活力になります。

 

なので、ここまで読んでくれたHSPの方は

今から『楽しく生きるためにどうするか』を

考えてみましょう。

 

行動するためのエネルギーは、

『楽しいことの中』にあります。

 

以上、夢生(いぶき)でした。

 

コメント