人間関係に断捨離は必要だ【人生の豊かさ】

生き方

 

運営者の夢生(いぶき)です。

 

出会いがあれば別れがあり、

また新しい出会いがあるものです。

節目節目で身の回りの人間関係は

変わっていきます。

 

そんな中で出会い、

長らく友人として過ごしてきた人も

中にはいることでしょう。

 

ですが、長いこと一緒にいると

家族や恋人と同じく良いところも、

悪いところも目の当たりにするものです。

 

そんな時、あなたならどうしますか?

 

関係が長ければ長いほど、

情などに左右されてしまいがちではありませんか?

 

人間関係というものを、

流れるままに関わるものではなく、

自分自身で選択していくことで

自分の人生を豊かにすることもできるのではないでしょうか。

 

断捨離すべき境界線や必要性等を以下にまとめました。

 

スポンサーリンク

煩わしい人間関係を整理しよう

 

人が生きていく中で切っても切れない関係性ですね。

歳を重ねるごとに、

知り合いや友人などは増えていきます。

 

その中で得られるものも、

無くすもの沢山あります。

 

私の場合、人間関係というジャンルのなかで、

友人というグループに存在する、

存在してきた人たちは皆裏切りによって

私の元から消えてしまっています。

 

些細な嘘から、大きな問題に発展することもよくあるものです。

人間関係を整理する、

付き合う人間を選別することで、

頭を悩ませる時間も減ります

 

利用し、利用されるような関係は見直すべきですね。

 

あなたが望む人間関係は?

 

何年後とかの未来を想像した時に

その相手は存在しているでしょうか?

 

なんとなく一緒にいるなぁということに気がついているのに、

『あまり深く考えていない』

なんて人もいるのではないでしょうか。

 

意外と、生きていく中で必要な人間関係って

少ないものです。

 

人との付き合いが多ければ

何かが起きる可能性は増えるかもしれませんが、

その可能性は自分が選択してきた人間関係において言えることです。

 

例えば、あなたが芸術面での活動をしているのであれば、

その界隈の人間関係が増えることで何かのきっかけや

可能性が広がることはあるでしょう。

ただ、そことまったく関係の無い友人の広がりというのは

あなたの本当に向かいたい先ではないはずです。

 

極端な例ですが、

簡単に言うならば生産性のある関係か、

生産性の無い関係かといったところです。

その選択次第で、人間関係の価値は大きく変わります。

 

友達の立ち位置

 

友達とは曖昧なもので、

もっと関係が深ければ親友だったり

仲間といった言葉になるはずです。

 

親友となれば、

親しい友なわけでその関係性は想像がつくでしょう。

仲間となれば、なにか同じ目標や目的を持ち

共に歩める存在といったところでしょうか。

 

では、友達の立ち位置とはどのぐらいのものなのでしょうか。

私の思う友達とは、

極端に冷めた言い方をすれば

知り合いぐらいのものなのではないだろうかと思うんです。笑

これまで友達と思っていた人間に裏切られてきた身からすれば

その程度の存在なんだなぁと思っていることも事実ですが。笑

 

要するに、友達は特に同じ目的があるわけでも無く、

親友と呼べるほど親しい訳でもない

つまり、関係を切ってもそれほど今後支障の無い存在かもしれません。

知り合いが多いのも考えものです。

 

それだけ時間を割く可能性が増えてしまっている状態

ということです。

 

人間関係における断捨離の基準

 

自分自身の未来を思い描いた時に、

どうなりたいのかということを明確にし、

想像してみて下さい。

 

その時、そこに誰がいるのかを考えた時に、

切っても問題ない人もいるはずです。

そう思った相手はさっさと断捨離してしまいましょう。

 

ただ私は、これまで生きてきた中で

無駄だったものは何一つ無いと思っているので、

関係を見直すにしてもその相手は

確実に今の自分の糧となっている部分もあると思っています。

 

なので、相手への感謝は忘れません。

いくら煩わしいと思った人間関係でも

その人達がいなければ今の自分は存在しないわけですから。

 

ただ、今あなたが人間関係に悩んでいるのであれば、

今からでも遅くはありませんので、

一度よく考えてみてください。

 

断捨離してもまた新しい縁がある

 

そう、これはもう仕方ないんですが、

いくら自分で人間関係を選んでも

また新しい出会いがあるんですね。

 

なので、何かの節目ごとに

選んでいかなければいけないと思っています。

 

人間関係のキャパにも限界があると思えば当たり前で、

心苦しくも切り捨てていかなければ

新しい出会いは広がりません。

 

今後の自分のために、

今まで築き上げた関係を見直し、

新しい縁を呼び込むことで、

人生の豊かさは変わっていくことでしょう。

 

まとめ

 

人間関係の断捨離は

今後の人生を左右する大事なアクションです。

想像した未来に存在する相手を選び、

それ以外は切り捨てること。(言い方は悪いですが)

 

自分の人間関係が限界になっていると、

せっかく新しい人と出会っても、

深く繋がることはできません。

もし繋がっても、

切って捨てられる友達で終わってしまうかもしれません。

 

どうせ増やすなら、友達では無く、親友や仲間を増やしましょう。

 

コメント