個人で生きる時代に必要なこと【楽しく生きる】

仕事・働き方

 

運営者の夢生(いぶき)です。

 

昨今、「個人で稼ぐ時代」

「好きなことで生きていく」

といった言葉をよく目にしますね。

私もこれからの時代、そういった価値観や考え方は有りだと思います。

しかし、それを鵜呑みにして行動していると、

行き詰まる瞬間に出会うこともあると思います。

この記事では、個人で生きる時代に必要なことを考えてみます。

 

スポンサーリンク

個人で生きる時代とは?

 

「会社に属さず、個人で稼いで生きること」と思われますが、

「実際どうやって稼ぐのか?」が重要ですね。

企業したり、自営業者として働くのが、

一般的でしたが、時代は変わり、

インターネットの登場によって稼ぎ方にも

多くの選択肢が生まれました。

時間的自由や経済的自由、

働く場所に囚われないライフスタイルが一般化してきましたが、

地方在住者や、ネット環境に詳しくない者にとっては、

まだ未知の領域です。

私もその一人です。

 

個人で稼げる仕事とは?

 

インターネットを駆使して、

あらゆる稼ぎ方が実現しています。

メジャーなところで言えば、

Youtuber(ユーチューバー)がそうですね。

動画を撮影、編集して動画サイトへ投稿する。

人気が出れば、広告収入という形で利益が生まれます

この、広告収入というものが、

自由な働き方を実現している一つの手法でもあります。

そこに参入できる敷居は低く、

学生であろうと、サラリーマンであろうと可能です。

 

その他、参入する敷居が低いという点だけで

お話をするのであれば、ブログでの広告収入も、

その一つです。

ブログといっても、一般的なブログサイトではなく、

エックスサーバーお名前.comといったサイトで

サーバーとドメインの契約を済ませて、

自分のブログを立ち上げる形になります。

このブログもその一つです。

私自身、インターネットの知識は皆無でしたが、

今は何でも調べることが出来るので、

ブログの開設は比較的簡単にできました。

 

ブログでの収入を考える場合も、

広告収入がその一つですね。

簡単に言えば、記事を書いて広告を貼る。

もちろん、これだけでは収益化に繋げることはほぼ不可能ですが、

知識を身に着け、試行錯誤しながら運営すれば、

必ずいくらかの収益を出すことはできます。

 

他にも色んな働き方はありますが、

Youtuberやブログでの広告収入が、

自由な生き方や働き方のモデルとなっていると言っても

過言ではありません。

 

敷居が低いためライバルが多い

 

動画の投稿や、ブログの運営となると、

比較的簡単にできるので、

多くの人が参入しているジャンルであることは確かで、

ライバルが多いというのも事実です。

日々、数えきれない程の映像や記事が世に出されているので、

その一つに出会えただけでも奇跡に近い確率です。

もし、この記事や、他の記事を読んでくれている方がいるなら、

本当に感謝です。

 

個人で生きる時代に必要なこととは?

 

とにもかくにも、自分の「ファン」になってもらうことが一番です。

ファンになってもらうには「個性」というやつが必要です。

個人で生きる時代、個人で稼ぐ時代と言われ、

何事も挑戦してみるのは良いことです。

ただ、個性や独自性、自分のブランド、強み等がなければ、

永続的に活動し続けることは難しい側面があります。

簡単に言えば、若さだけを売りにしていると、

ある一定の期間は保てても、その後を考える必要があります。

その点は、どの時代でも同じですね。

自社ブランドだったり、自社サービスだったり、

何かしらの強みが必要になります。

インターネットという媒体のおかげで、

個人のブランドを作ったり、

影響力を持ったりすることが可能となり、

稼ぐことが可能となったわけですが、

個性や独自性を意識しすぎて、

悪い方向へ進む人も多く存在しますね。

 

稼ぐ事の本質自体は変わっていないということですね。

誰かを楽しませたり、参考になる知恵や知識を与えたり、

それに対する対価としてお金をいただくわけです。

 

半永久的に個人で生きるために必要なことは、

「ファン」の獲得がカギを握るのではないでしょうか。

稼ぐことの本質は、変わっていないので。

どれだけ、楽しんでもらえるか、

知恵や知識を提供できるか、

良いと思ってもらえるかです。

その本質を踏み外すことなく、

やっていける人には、

必ず成果がついてくるのではないでしょうか。

応援したいと思ってもらうこと、

何事も楽しくやっていくことも、

重要な要素の一つです。

 

 

コメント