INFPの息抜き、充電方法は?【仲介者】

MBTI

 

運営者の夢生(いぶき)です。

 

16 Personalities」という性格診断によって、

INFPと診断された皆さん、

「生探ブログ」へようこそ。

 

感受性が豊かで、何かと生きづらいと言われているINFP型。

このブログを運営している私もINFP型です。

INFP型にとって必要な息抜きの方法や

充電方法に共通することは、

  • 一人の時間を作る
  • 現実や日常からあえて離れる
  • 動物や自然、時には人から良いエネルギーを吸収する
  • 自分が良いと思うものを追求する

これらのことを意識することです。

 

少しでも誰かの参考になったり、

楽になる術となれば良いなと思います。

 

INFPに限らず、「生きづらい」と感じていたり、

「最近疲れた」と思っている方も、

よろしければ参考にしてみて下さい。

 

この記事は私の経験に基づいたモノが多いです。
スポンサーリンク

INFPの基本的性格

 

基本的に、

INFP型の多くは「理想主義者」

言われています。

 

自分に合う生き方を探したり、

人生の意味を考えたり、

夢や理想を追う性質があります。

 

おまけに、感受性が高く、

芸術方面での能力に長けていると言われており、

総合して考えると、社会生活をする上では、

少々困難な性格の持ち主であると言えます。

 

以前、INFPについて書かせていただいた記事がありますので、

よろしければ、こちらも参考までに読んでみて下さい。

 

 

INFPにとって必要な休息方法

 

INFP型にとって、

息抜きの時間や方法というのは重要です。

 

私の場合は、いつもあれこれ考えているので、

脳内が常にフル稼働しているような状態のため、

上手に休まなくてはなりません。

 

私が実際に実践している方法等を交えながら、

息抜きの方法や、精神的な充電方法、

なぜその方法が良いのか等を、

考えてみたいと思います。

 

音楽に触れる

 

INFPにとって、

一人になる時間というのは、

とても重要な要素です。

 

そのため、強制的に「自分の世界に浸る

という時間が必要です。

 

その点、音楽聴くというのはとても効果があります。

イヤフォンやヘッドフォン等で、

好きな音楽を聞く場合、

半強制的に外の世界と遮断し、

自分の世界に浸ることができます。

 

感受性が豊かなINFPにとって、

これほどに良いものはないといえるかもしれません。

 

私は音楽を聴くのも好きですし、

プレイヤー側でもあるので、

楽器を演奏したり、歌ったりもします。

 

それに加え、作詞や作曲も一つの楽しみ方であり、

息抜きにもなります。

 

音楽の趣味趣向は人それぞれですので、

どんな音楽が良いかはわかりませんが、

INFPがリラックスして聴けるであろう音楽の選び方を、

個人的にお伝えします。

 

邦楽を聴くなら元気になれる歌詞の曲を選ぶ

 

感受性が強い人の場合、

日本語の歌詞はダイレクトに自分の中に入ってくるので、

悲しい曲や、暗い歌詞の曲だと、

精神的ダメージが増える可能性があります。

(一概には言えませんが。)

 

自分が「元気になれるな」という曲を選んで聴くことが、

大切かと思います。

 

映画のサウンドトラックやクラッシック

 

映画のサウンドトラックやクラッシックの場合、

歌詞はほぼ無いので、聴きやすいですし、

歌詞が無い分、曲の世界観や景色が見える曲が多いです。

 

感受性が豊かであり、芸術を好むINFPにとって、

良い刺激であり、リラックス効果もあることでしょう。

 

洋楽を聴く(例外あり)

 

英語があまり得意ではなくても、

洋楽を聴く場合、自然と「この曲好きだな」と

思うことがあると思います。

 

洋楽にも沢山素敵な曲があります。

ただ、英語が得意で、

意味がすぐに理解できる人の場合、

日本語と同じく、歌詞の意味が伝わりやすいので、

そういう場合は例外となるかもしれません。

 

しかし、日本とはまた違う空気感や、

言葉の選び方だったり、質感、

景色の見え方や見せ方があるので、

それもまた楽しみ方の一つではないでしょうか。

 

映画鑑賞

 

芸術性や想像力が豊かなINFPにとって、

映画鑑賞も息抜きの一つになるかもしれません。

私は洋画も邦画も良く観ますが、

どちらかと言えば、洋画の方が多いですね。

 

特に、MARVEL作品やコメディが多いです。

以下に、私の主観ではありますが、

INFPにとって楽しめる、息抜きが出来そうな

映画の選び方をお伝えします。

 

「非現実感」をリアルに描いた作品

 

あまり現実感の無い作品と言いますか、

もう少しわかりやすく言えば、

人類の理想形を描いた作品が多いかもしれません。

 

「理想主義者」のINFPにとっては、

入り込みやすいのではないかと思います。

 

洋画で言えばX-MENシリーズなんかは

その典型的な映画といえるかもしれませんね。(笑)

あとは、博物館の展示品が動き出すナイトミュージアムなんかも、

コメディ要素もあり、楽しめる作品かと思います。

 

リアリティのある作品や史実に基づいた作品も観ますが、

「非現実感」をリアルに描く作品は、

観ていてとても楽しめるのではないかと思います。

 

コメディー映画

 

とにかく笑える作品を選ぶことをオススメします。

私はシュールな笑いがツボに入るので、

割となんでも笑います。

 

「俺たちフィギュアスケーター」という映画は、

くだらなさを通り越して爆笑しました。

 

そして、映画の中の選曲がまた素晴らしい映画でしたので、

気になる方は是非御覧ください。

 

ただ、少々年数の経過している映画のため、

最近のレンタルショップ等ではあまり見かけませんが、

配信動画サービスU-NEXTさんにありました。

最新映画から古い映画、アニメと色々あるので便利です。

 

U-NEXT



 

ファンタジー映画

 

ファンタジー系の映画も想像力を刺激する作品ですね。

言わずと知れた、ハリー・ポッターシリーズも、

ファンタジーの代表格ですね。

 

それ以外にも沢山ありますが、

前項で登場した、「俺たちフィギュアスケーター」の主演を務める、

「ウィル・フェレル」という俳優が出ている、

「主人公は僕だった」という作品も少々古いですが、私のオススメです。

 

一応、この映画はファンタジーらしいので、参考までにどうぞ。

こちらの映画もU-NEXTさんにあります。

 

散歩

 

散歩は、気分転換にはもってこいですね。

INFP型は内向型故、どちらかと言えば、

インドア派が多いかもしれませんので、

あえて外に出る必要もあります。

 

人混み等は苦手な可能性もあるので、

自然を感じられる場所が良いかもしれません。

 

近くの公園とかでも良いと思いますし、

自然が無い場合は、知らない場所を散策しに行くのも、

リフレッシュになると思います。

 

生き物と触れ合う

 

生き物には癒やし効果がありますので、

良い方法の一つですね。

 

人とは違う生きた彼らに合うことは、

日常の余計なストレスを減らしてくれます。

 

なので私はたまに動物園や水族館に行ったりします。

場所にもよりますが、1000円ほどで入場できるので、

割と安価ではないかと思います。

 

他には、ペットショップに行ったりもします。

今ではネット上に動物の動画や画像が沢山あるので、

それでも良いですが、自分で足を運ぶことも大切かと思います。

 

やはり、画面越しで感じるのと、

生身で触れ合うのとでは、かなりの差がありますので、

実際に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

自然と触れ合う

 

仕事で精神をすり減らし、現実と向き合って生きるのは、

誰でも疲れてしまうものですので、

たまには、アウトドアに目を向け、

一日かけて自然を堪能するのも良いです。

 

キャンプも良いですし、観光地で貸し出している

レンタルサイクリングで自然の中を満喫するのも良いです。

 

近場にそういった場所が無い場合、

海辺だとか、川も良い場所ですね。

散歩と少し似てきますが、自然を取り入れて考えるのは、

効果的でしょう。

 

私はキャンプが好きなので、

一週間ずっとキャンプ暮らしとかしてみたいです。

 

温泉に浸かる

 

私はよく温泉にも行きます。

近場ではなく、少し離れたところに行きます。

温泉がない場合は日帰り入浴施設をよく利用します。

露天風呂でゆっくり半身浴というのも、良いものです。

 

知らない場所を開拓して、自分好みの場所を見つけ、

定期的にリフレッシュする機会を作る方法の一つ

ではないかと思います。

 

自宅でゆっくり入浴するのも良いですが、

たまには違った刺激になって良いと思います。

 

車(免許)があればドライブ

 

車をお持ちの方は、ドライブなんかもオススメですね。

知らない場所に行ったり、観光地に行ったり、

それこそ温泉施設に行ったり、行動範囲がかなり広がります

 

車をお持ちでは無い場合、今は格安のレンタカー等もありますので、

免許をお持ちであれば、たまに運転してみるのも良いでしょう。

 

天気が良い日なんかは、適当に車を走らせ、

途中でアイスクリームを買って食べるというだけでも、

楽しいものです。

 

観光地を巡る

 

先程、何度か観光地について触れましたが、

ここでもあえて触れさせていただきます。

 

個人的な意見かもしれませんが、

観光地というのは、

色んな人が「観光」や「楽しむ」という目的の元、

集結している場所なので、私はお気に入りです。

 

人にもよると思いますし、

感受性の度合いも違いますが、

人の良い「エネルギー」を感じられるので、

人混みを好まない私でも、こういった場所は好きです。

 

道の駅なんかは、時期によって、

キャンピングカーが止まっていたり、

それこそ観光や旅行中の人に出会うことができます。

 

以前、観光地の足湯で、

大阪から観光に来ていた人に声を掛けられ、

しばらく世間話をしたことがあります。(笑)

たまにそういった気さくな方もいるので、

気分が良いものです。

 

まとめ

 

INFPにとって必要な息抜きの仕方を記載させていただきましたが、

いかがでしたでしょうか?

INFPが息抜きをする場合に考えることは、

  • 一人の時間を作る
  • 現実や日常からあえて離れる
  • 動物や自然、時には人から良いエネルギーを吸収する
  • 自分が良いと思うものを追求する

です。

 

主観的な意見かもしれませんが、

私が定期的に取り入れている、リフレッシュ方法、

息抜きの方法を紹介しました。

 

INFPと言っても、十人十色のため、

色んな息抜きの方法があると思うので、

自分に合う方法を探すことが大切です。

この記事の中に何かヒントがあれば、幸いです。

 

では、この辺で失礼します。

 

コメント