INFPの私が経験した仕事やバイト【適職を探そう】

MBTI

 

運営者の夢生(いぶき)です。

 

MBTIの診断結果がINFPの方は

結構いらっしゃると思います。

そして、生き方や就職先などで悩んでいる方も多いはず。

 

INFPの適職として言われている仕事は、

あまり一般的では無い仕事が多く、

正直、参考にならないものも多くあります。

 

この記事では、同じくINFPと診断された私が経験してきた

仕事やアルバイトの話、向き不向きなど、

深掘りしてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

INFPの私が経験したアルバイト

 

まずは、関東で過ごした大学生時代のアルバイト経験から

お話させていただきます。

アルバイトの経験は、まず以下の2つです。

 

  • 引越屋
  • 警備員

 

共に短期間で終了しましたが、

一応参考までにお話します。

 

引越屋

 

私がアルバイトしていたところは、

一時期CMもやっていた割と大手でしたが、

現場の人たちは体育会系の人たちが多く、

内向型のINFPには不向きな環境ですね。

 

ただバイト代は肉体労働なので割と良かったです。

『短期間でガッツリ稼ぎたい』という人なら

我慢すればいけます。笑

 

関東で夏の暑い時期とかの場合は、

熱中症とかに注意しなければなりませんね。

私は毎日汗がダラダラでした。

 

ちなみに、お客さんは良い人に当たっていたのか、

皆さん優しい人ばかりでしたね。

 

警備員

 

関東ならわりと名の知れた警備会社でアルバイトをしていました。

主に工事現場とか交通規制の時とか、

イベント時の警備員とかでしたね。

 

数日の研修を終えてしまえば、

あとは一人か少人数での勤務でしたので、

気は楽かもしれません。

 

研修時に思ったのは、

見た目に結構厳しかった印象があります。

男性の場合、髪型や長さについてかなり言われます。

 

バイト代は日給8000円、夜なら10000円でした。

現場によっては早上がりする時もあるので、

それでも日給は保証されます。

そういう日はちょっと得した気分になります。

 

ただ、交通費が無かったため、

現場によっては五分五分といった感じでしょうか。

 

内向型のINFPが警備員をやるなら、

夜の施設警備とかの方が向いていると思います。

 

INFPの私が経験した仕事

 

ここからはアルバイトではなく、正社員などでの仕事の話をします。

 

  • 林業
  • 大工
  • 配達員

 

林業

 

私が関東から北海道に戻り

初めて経験した仕事が林業です。

 

主な内容は、山に入って伐採したり、

苗を植えたり、草刈りをしたりです。

夏場は朝5時頃から午後2頃まで、

冬場は朝4時頃から午後4時過ぎまでと、

バラツキがありました。

 

この業種もどちらかと言うと体育会系の人たちが多いですね。

 

数ヶ月勤めましたが、

無理がたたって『ヘルニア』を発症し、

退職しました。

 

INFPにとって体育会系の人たちが集まる業種は、

不向きな傾向にあるかもしれません。

 

大工

 

私がいた所は社長が現役のワンマンスタイルで、

パワハラやモラハラなど当たり前のところ。

普通の企業とかだと絶対に訴えられるレベルでしたが、

職人の世界だとこんなものでしょうか。

 

1年ほど勤めましたが、

あまりのストレスで下血してしまい、退職。

もし、業界内でこのようなことが常態化しているのなら、

後継者不足に嘆く理由もわからなくはない。

 

INFPはクリエーティブな能力に優れていると言われていますが、

大工はオススメしません。

それなら勉強して建築士とかになった方が良いかも。

 

配達員

 

一緒に働く人が良い人達だったら

一応INFPにオススメの部類に入ります。

 

仕事中は基本的に一人ですし、

お客さんと接することは多いですが、

ほとんど形式的なやりとりで終わるので気は楽です。

 

どこの企業のどんな配達なのかによって、

また変わってくるかもしれませんが、

ルート配送とかだと楽かもしれませんね。

 

ただ、今では過酷な労働体制が原因で、

運送業界全体で、人手不足になっています。

長時間労働になりがちで、

有給休暇は取りづらい場合も多いと聞きます。

 

ただ、私は一緒に働く人達が良い人達だったので、

かれこれ4年ほど続けています。

 

しかし、一年ほど前に上司が変わってしまい、

最悪な環境に変わってしまったので、

そろそろ退職を考えているところです。

 

2019年9月に退職しました。

 

INFPは都会に住み体育会系以外の仕事を探そう

 

以上、私の経験してきたアルバイトと仕事の話です。

お気づきの方もいると思いますが、

どれも肉体労働系が多く、

体育会系の人たちが多い職場ばかりです。

 

関東にいた頃にもっと他のバイトもすればよかったと

思っています。笑

 

北海道に戻ってからは、地方都市ではない限り、

職の選択肢ってめっちゃ少ないので、

肉体労働系が多いんですよね。

 

もしくは、資格が必要だったりと、

運転免許ぐらいしか持っていない私としては、

結構厳しい環境です。

 

INFPの皆さんは出来るだけ田舎にいることを避け、

選択肢の多い都会で、体育会系以外の仕事を探しましょう。

 

内向型のINFPが、

外交的な体育会系の人たちと合う可能性は、

限りなく低い上に、言葉の使い方も汚かったり、

感情的に怒鳴るだけの人たちが多いです。

 

そして、INFPが田舎を避けるべき点は、

田舎は人材不足に陥っているため、

長時間労働で安月給、休みも少ないためです。

 

INFPにとって、休息の時間は絶対に必要ですし、

自分の時間の確保は重要です。

 

都会と田舎で過ごした経験から、

内向型のINFPにとっては、

その方が良いと言えます。

 

フリーランスになるという例外もあり

 

ネットビジネスを駆使して、

フリーランスになる場合は、

INFPにとって良い環境かもしれません。

 

ネットを使って稼ぐ場合は場所は関係ありませんし、

一人で仕事できます。

 

不安も多くありますが、

自分の生きやすい環境を選択するのは悪いことではありません。

生活費を抑えながらフリーランスになるのならば、

田舎にいるのもオススメかもしれませんね。

 

関東で暮らすより、家賃は絶対に安いですし。

移動は車が必要と言われていますが、

買い物なら自転車でなんとかなりますし。

少し遠出したければレンタカーを借りるか、

誰かに借りるかすれば良いでしょう。

 

年間の維持費を考えるなら、

一時的にこういった手段もありでしょう。

フリーランスを目指すなら、ネットを使ってどう稼ぐのか、

生活コストをどれだけ下げられるのかなど、

色々調べたり、考えたり、下準備を進めましょう。

 

自分の生きやすい環境を意識しよう

 

内向型・INFP・生きづらい人たちにとって、

生きづらい世の中なのかもしれませんね。

しかし、確実に一歩ずつ踏み出さなければ、

何も変わらないので、その一歩を踏み出してみましょう。

 

環境を変えるでも良し、

今ある環境で最適な場所を探すでも良し、

自分の人生です。

楽しく生きていきましょう。

 

コメント