INFPが成功するために必要なこと【仲介者】

MBTI

 

運営者の夢生(いぶき)です。

 

私も、INFP(仲介者)です。

 

 

内向型で、苦労の多いINFPが成功するためには、

「行動」が不可欠です。

そして、その行動の目的を、

明確化し、細分化することです。

 

考える時間が多いINFPにとって、

一日の大半を思考で埋め尽くすことは容易であり、

逆に行動が疎かになることがあります。

 

思考を巡らせるだけでなく、

しっかりと結論づけて、

前に進むことが成功への近道です。

 

生きづらいと言われているINFPだからといって

悩む必要はありません。

 

むしろ、誇りに思って生きましょう。

 

この記事では、行動に繋げるための

考え方を挙げてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

生きづらいと言われる要素を受け入れる

 

INFPは、理想主義者・感受性が強いと言われており、

適職を調べても、

実際に、職に就こうとすると、

中々、難しいものばかりです。

 

また、他のタイプと比べて、

生涯年収が最も低いタイプと言われており、

気苦労も多いかもしれません。

 

ですが、それを逆手に取り、

「生きづらい」と思われる要素を、

受け入れて考えてみましょう。

 

理想主義者は理想主義者のままで良い

 

「INFPの理想は、時に、

実現不可能と言われるほどの

理想を持つことがある」

と言われています。

 

ですが、私は

「INFPの理想は、INFPにとって、

厳しい現実を生きるために必要な理想」

だと感じています。

 

理想だけを見つめ、生きて行くのは、

困難な部分が沢山ありますが、

「その理想にどう向かって行くのか」というのが、

INFPの軸であり、生き方なのかもしれません。

 

理想や夢といった漠然としたものは、

一般社会を生きる上では、

重荷になることが大半かもしれません。

 

ですが、今日まで、文明が発達してきた背景には、

そこには、必ず、「理想」が存在し、

それを実現するために

行動してきた人たちがいたからこそ、

数多くの理想を現実にしてきたのです。

 

空を飛ぶために飛行機を作った

ライト兄弟は良い例ですよね。

 

身近なものだと、

携帯電話やインターネット、

電話やテレビ、

生活に関わる全ての物は、

人間の理想が具現化したものだと言っても

過言ではありません。

 

今では、全てが当たり前になっているので、

中々、考える機会はありませんが、

全ては「理想」から始まっています。

 

つまり、夢や理想無くして、

現在の生活は、成り立っていないということですね。

 

なので、自分を含め、

INFPと診断された皆さんは、

「理想」を追って生きることが、

宿命なのかもしれません。

 

その理想を叶えられるかどうかは、

個人の力量にかかってきますが、

「理想主義者は理想無くして生きられない」

ということを

念頭に置いておきましょう。

 

その「理想」が、もし、自分のためであっても、

現実と戦いながら、

理想を追うその生き方が、

誰かのためになる日が来るはずです。

 

「生涯年収が低い」に対応し、時間を見方につける

 

生涯年収が低いと言われているINFPは、

それを逆手に取り、

低所得を受け入れて、

拘束時間の短いワークスタイルを手に入れましょう。

 

というのも、INFPには、

芸術面の才能が備わっているので、

時間と自分のスキルを

好きなことで培った能力を有効的に使い、

趣味から副業、副業から本職というように、

徐々にステップアップする方法

望ましいと思います。

 

そのためには、生活費を確保しつつ、

趣味や好きなことなど、

自分の時間を得るために、

仕事に割く時間を見直すことも必要です。

 

INFPは感受性の強さも相まって、

一般社会で働くことは、

困難な場合もあります。

 

人一倍ストレスを抱えることもあります。

 

そのため、本来は、

一人で黙々と仕事をする方が

向いている場合が多いです。

 

給料が良いに越したことはないですが、

INFPは給料よりも、自分の時間を重視し、

自分の能力を発揮して、

稼ぐ方法が適していると言えるでしょう。

 

なので、まずは自分の時間の確保を優先し、

自分の能力を活用しましょう。

 

成功の鍵は行動力

 

思考の深いINFPにとって、

考える時間は、

他の人よりも長い傾向にあります。

 

考えること自体は、

INFPにとって良いことなのですが、

考える時間が長いと、

それだけで頭の中が一杯になり、

すぐに疲れてしまいます。

 

ただでさえ、ストレスを抱えやすいINFPですので、

自分で制御出来る部分は、

制御したいものですよね。

 

そのために、考える時間を削減し、

行動量を増やす必要があります。

 

何かしら行動していれば、

自ずと考える時間は減ります。

 

ただ、その行動の目的が明確ではない場合、

少々、辛いかもしれないので、

目的を明確に行動する必要があります。

 

目的の明確化と細分化

 

大きな目的ではなくとも構わないので、

何か目的を立てて、行動してみましょう。

 

私の場合、最終的な目標は、

個人で稼ぐことです。

 

なので、その目的のために、

少しずつではありますが、

楽曲の制作とブログを更新しています。

 

なぜ、音楽とブログなのかというと、

音楽は創作活動なので、

時間が必要です。

 

一から、演奏・歌・編曲・ミックス作業と、

本当に全部、一人でやっているので、

どの作業をするにも「時間」が必要です。

 

音楽を目一杯やるために、

そして、そのための「時間」を作るには、

どうすれば良いか考えた時に

出会ったのがブログです。

 

「ブログは収益化出来る」

「不労所得になり得る」

という記事を多方面で見かけ、

「これは時間を作ることが出来るのではないか」

と思ったのが始まりです。

 

ブログの収益化については、

話せば長くなってしまうため、

この記事では割愛させていただきますが、

「最低限の生活費をブログで稼ぎつつ、音楽をやろう」と

INFPの私は、思い至ったのです。

 

そして、すぐさま、

ブログの開設方法について調べて、

現在に至ります。

 

本来は、音楽ひとつで

食べていけるようになるのが一番ですが、

収入の柱が一本では、

何かと不安な社会なので、

音楽とブログと、

二足のわらじになれば良いなと考えている次第です。

(2020年2月現在は普通に仕事もしています。)

 

上手くいくとは限りませんが、

何事もやってみなければわかりません。

 

行動するためには、

自分のやりたいこと(目標)を明確化し、

そのために何が必要なのかを考えましょう。

 

そうすることで、

その大きな目的にたどり着くための道筋を

細分化できます。

 

正解は一つではありません。

 

自分の思うままに、やっていきましょう。

 

まとめ

 

INFPが成功するために必要なことは、行動力。

 

そして、理想主義者である自分自身を受け入れ、

自分の理想を叶えるための時間を

味方につけることです。

 

そのためには、

目的の明確化と細分化を意識して、

行動に繋げていくことが大切です。

 

大きな理想を持つことは良いことですが、

大きいが故に、

中々、動き出せないこともあるINFP。

 

その理想に近づくために、

道順を決めることも、

行動への一歩になります。

 

自分自身と向き合い、

「生きづらい」と言われるINFPの性質を理解し、

少しずつ進んでいきましょう。

 

コメント