音楽を作る苦労をどれだけの人が理解しているのだろうか?【著作権の話】

著作権

 

運営者の夢生(いぶき)です。

 

音楽を作るのって大変なことなんですよね。

音楽って外部から得た刺激によって、

様々な影響が反映されるものですが

何も無いところから生み出すというのは、

音楽に限らず、芸術家の人全てが知る苦悩です。

簡単なことではないんですよね。

 

ブログの運営に関しても、音楽に関しても、

著作権についてはよく知っておく必要があります。

アーティストの端くれとして、

音楽の著作権について、お話します。

 

スポンサーリンク

音楽を作るのは簡単なことではない

 

音楽理論やその人の音楽センス、

生きてきた過程で得たこと、

色んなことが詰め込まれて完成するものです。

 

辛い経験や、不遇の時代を超えてきたからこそ、

生まれる作品もあります。

 

演奏技術や歌唱力がいくらあっても、

名曲が作れるわけではありません。

 

昨今、著作権侵害の動画や音源を多く見かけるのですが、

彼らはその苦労をどれだけ知っているのだろうかと思います。

 

何気なく、曲の一部をウェブサイトに投稿したり、

弾いてみたや歌ってみた動画を上げていますが、

ほとんどの動画が違法なものばかり。

 

原曲に合わせて演奏した動画とかは特に多く、

趣味であろうとなんであろうと、

『音楽をやっている者として恥ずかしくないのか?』と思う。

 

『そのアーティストの作品が好きだから、投稿したいんだよね?』と。

それなら、著作権の侵害にならない方法があるのだから、

ちゃんと調べようよと思うんですね。

 

基本的にTwitterやInstagramに、

直接投稿している動画は全てアウト。

 

YoutubeはJASRACと契約しているため、

JASRAC管理下にある曲なら、

使用は可能になっているため、

Youtubeに投稿した動画URLを他のSNSにリンクするまではOK。

詳しい内容はYoutube上の音楽ポリシーページで確認できる。JASRAC管理の曲でも使用できない曲もある。

そのYoutubeでも、知ってか知らずか

原曲を使用したり、ライブ音源を使用したりしているが、

それはアウトなんですよね。

 

使用可能な曲とあっても、

その一曲を全て自分で演奏するところまでして初めて

投稿可能なんです。

 

原曲やライブ映像というのは

商品として販売されたものであるため、

『第三者が無償で公開して良いものでは無い』というのは、

誰がどう考えてもわかることでしょう。

 

皆がやっているから大丈夫という

安易な考え方はやめた方が良いです。

 

むしろ、

アーティストの方々が苦労して制作した楽曲なのだから、

投稿して楽しみたいなら最低限決められたルールは

守るのが条件であろうと思う。

 

その条件を守らないのは邪道であり、

好きなアーティスト、好きな曲に対する冒涜である

と言っても過言ではありません。

 

もし、自分自身がアーティストとして本格的に活動していて、

違法にアップロードされた動画のお陰で音源や作品が売れず、

自分に利益が何も入って来ないとなった場合、死活問題です。

 

そう、一般人にとっては楽しむためのツールであっても、

アーティスト側にとっては生活がかかっているのです。

 

もちろん、アーティストの人たちは

自分たちの作品で楽しんでもらいたいでしょう。

しかし、それはルールを守った上での話です。

 

場合によっては黙認してくれている部分もあると思いますが、

これだけ著作権について問題になっているのに、

未だに違法アップロードを多く見かけます。

 

『楽しむ』のは結構だが、

その裏では自分たちが知り得ない苦労や経験、

想いが詰まっているということを忘れてはならないと思う。

 

著作権侵害をしている動画で、知名度や評価、

再生数を稼いでいる者もいるが、

『その動画から収益を得ていないから大丈夫』という訳ではありません。

違法は違法です。

 

著作権者が『自由にどうぞ』『この範囲までならいいですよ』と

明言しているのであれば例外です。

 

好きなアーティストの権利を守るためにも、

個人個人の認識が大切ということです。

音楽を作るというのは、

思っているよりもずっと大変なことなんだということを

よく考えてみてほしいものです。

 

音楽に限った話ではない

 

その他の芸術作品にも同じことが言えます。

しかし、著作権に触れている場合であっても、

ウェブ上で広く拡散されることによって、

メリットになることもある。

 

例えば、本の表紙もその表紙をデザインした人に権利があり、

表紙の写真を載せた場合は、著作権的には問題がある。

しかし、それで興味を持つ人たちが増え、本が売れた場合、

その本を出版している人たちに利益が生まれます。

 

こういったケースの場合は、

黙認されていることも多いようだが、

基本的には著作権侵害になっているということは

わかっていた方が良いでしょう。

 

著作権は親告罪、

つまり今の所は著作者からの申告がなければ、

罪にならないということになっているため、

彼らの不利益にならなければ、

黙認されるかもしれないということです。

 

皆がやっているからとは言っても、

実はものすごくグレーゾーンな話だったりします。

 

音楽の話に戻ると、音源や映像を購入しなくても、

誰でも視聴出来る状態は、

著作権者たちに不利益なのは間違いないだろうから、

注意するべきです。

 

インターネット上で公式で発表されているモノを拡散する分には、

大いに拡散し、宣伝しましょう。

公式のものであれば、拡散されて悪いものではありません。

 

音楽を作るのと同じぐらい大変なことを経験してみるといい

 

アーティストの人たちが、

どれぐらい苦労して音楽を作っているのか、

音楽を作ってみなければ、

その苦労はわからないかもしれません。

 

それと同じくらいの経験が出来るであろう方法を

考えてみたので、想像してみて下さい。。

 

学生の頃、誰もが絵を描く機会はあったと思います。

模写で構わないので、

『これ写真でしょ?』と言えるレベルの絵を描いてみて下さい。

バランス、描き方、色のバランス、影など、

全て忠実に再現してください。。

 

どうでしょう、凄く大変ではないでしょうか?

 

音楽を作る、芸術を生むというのは

それぐらい苦労することなんです。

 

著作者の不利益にならないように楽しむこと

 

著作権や肖像権、芸能人であればパブリシティ権など、

色々な権利があるため、世の中は難しいし、

面倒な部分も沢山ある。

 

しかし、最低限守るべきルールは守ることが大切です。

その線引がとても難しいのですが、

考えればわかる場合のものも多く、

インターネットで調べれば解決することも沢山あるので。

 

ただ、違法とわかっている動画や音源であっても、

そこから人気が出るというのも事実。

難しい問題ではあるものの、不利益にならないように、

楽しむようにするしかありません。

 

オリジナルこそ全て【まとめ】

 

音楽や芸術を作るというのは

凄い苦労することなんだということです。

念の為、音楽の話に絡んでYoutubeやSNSの話もしましたが、

未だにルールを守られていない動画が沢山あるため、

あえて言葉にしてみました。

 

私もYoutubeでカバー音源を投稿していたりするので、

著作権には非常に気を使っています。

 

ブログも同様に権利を侵害しないように活動する必要があるため、

日々勉強です。

 

ことわざに

『人の褌で相撲を取る(ひとのふんどしですもうをとる)』

という言葉がありますが、意味は

他人のものを利用して自分の利益にするということ。

 

直接的ではなくても

自分の利益に繋がるような利用の仕方をしているのであれば、

よく考える必要がありますね。

特にインターネット上では。

 

補足しますが、ライブハウスなどでカバーしたり、

コピーバンドとして出演する場合、

この言葉に当てはめることはできますが、

JASRACと契約している場所であれば、

認められているため、気にする必要はありません。

 

ただ、人気があって出演者に利益が発生する場合はグレーゾーン。

それを逐一調べるというのも難しい。

 

趣味とはいえ、活動にも多少の費用はかかるため、

交通費や消耗品で消えてしまう程度ならば、

黙認している場合も無くはないでしょうが、

実際の所は著作権者の判断次第という感じですね。

 

そのアーティストの曲を知らなかった人たちが知るきっかけになり、

作品が売れるのであれば、良いかもしれない。

 

その場に行かなければ聴くことができない状態のものだし、

インターネットのようにいつでも誰でも聴ける状態ではないわけだし。

この辺は難しい問題でもあるため、断言は出来ませんが、

インターネットを利用する場合は十分に注意した方が良いでしょう。

 

オリジナル作品を作ることは大変だし、

自分自身で宣伝していかなくてはその作品は誰にも届きません。

 

しかし、それが出来てこそ、

評価される意味があるのではないだろうか。

 

法律上の問題というのは

なかなか難しい話ではあるかもしれませんが、

『人の褌で相撲を取る』ということにならぬように、

日々心がけていきたいものです。

 

コメント