仕事を辞めたいけど上司に期待されてしまう【期待に応えてしまう人へ】

仕事・働き方

 

運営者 夢生(いぶき)です。

 

「 仕事を辞めようと思って、業務に励んでいます! 」

なんて方いらっしゃいますか?

私は現在(2018年11月)会社員として

働いている身なのですが、

辞めようと思って懸命に働いております。

 

辞めるとしても次の就職先がなかなか見つからなくて、

とりあえず貯金を・・・という方も

いらっしゃると思います。

やはり、ある程度の貯蓄があった方が

心に余裕が持てますからね。

 

辞めるために業務に励んでいるのもつかの間、

なぜか上司に期待され

このままこの会社に居続けることになりそうだ・・・

なんてお悩みの方はそう多くはなさそうですが、

私の経験談と考え方を、お話します。

 

スポンサーリンク

基本的に期待されるのはありがたいこと

 

上司に期待されるというのは、

本来ありがたいことであり、嬉しいものです。

 

がしかし、

辞めるという意思がある人にとっては、

ありがた迷惑なんてことも。

 

辞めようとしているあなたが優しい人間だとしたら、

その期待に応えよう なんて、

考えてしまうかもしれませんね。

 

 

私はその優しさ ( 甘さなのかもしれない ) が仇となり、

会社の試験を受けることとなり、

2018年11月には合格してしまいました。

辞めようと思っているのに、悪循環に陥っています。

 

辞めるために今の仕事に励むのは良いこと

 

辞めるからといって頑張らない訳にはいかないですよね。

出来ることなら跡を濁さずに去りたいですし。

 

辞めるという気持ちで仕事をしている訳ですから、

嫌々過ごす時間ほど苦痛なものはありませんよね。

 

それを前向きなエネルギーに変えるためにも、

「 辞めるぞ 」と意気込んで仕事するのは

ポジティブな思考 ですし、

心の健康 を維持できます。

 

上司の期待に惑わされないこと

 

きっとその上司は純粋にあなたの頑張りを評価し、

期待しているのだと思います。( 例外もありますが )

ですが、あなたの人生において、

すでにその会社に見切りをつけているのだとしたら、

申し訳ない気持ちを押し殺して

辞めることにだけ意識を向けましょう。

 

会社はあなたの人生を保障してくれる訳ではありませんし、

上司はあくまで会社での付き合いでしかないはずです。

そのために今頑張っている訳ですから、

その努力を無駄にはしないで下さい。

 

”頑張っている理由”を忘れないこと

 

ふとした時に、このまま辞められないかもしれない・・・

と不安になるときが来ると思います。

その頑張りが無意味に感じてしまうかもしれません。

 

ですが、あなたには目標に向けて努力する力 があります。

なので、不安に思ったときは一度リラックスして、

自分の目標とする未来 を思い描いて下さい。

 

それでも悩んでしまう方は、

本来の自分の目的や課題 を

紙に書き出してみるという方法も有効です。

 

そこからまた進んで行きましょう。

 

まとめ

 

何度も言いますが辞めるために

努力することは良いことです。

ただ、その思いとは裏腹に上司の期待を

背負ってしまうかもしれないというリスク

がありますが、目的を見失わずに

未来の自分を思い描いて下さい。

 

未来というと、

あまりにもざっくりとした表現だと思うので、

1年後だとか3年後といった感じで、

目標を立てると良いです。

 

辞めると決めたのだから、

上司の期待に応えたり、

会社への忠誠を誓う必要はありません。

その上で、

申し訳ないという気持ちが溢れるのは当然で、

本来あなたは優しい人です。

その優しさは”そこ”ではなく、

その先に待つ未来のために使って下さい。

 

ちなみに私はこの記事を書いてる2018年11月5日の今日、

上司からの次の試験の受講を勧められたのですが、

辞退しました。

理由は「 予定が立たない 」という

アバウトな理由で。

自分に必要だと思うものだけを選択して

生きていこうと改めて思った日です。

 

自分自身の人生ですから、

誰にも左右されず、

目標に向かっていきましょう。

 

コメント