部屋の片付けが苦手な人はまずテーブルから片付けよう

ライフハック

 

運営者の夢生(いぶき)です。

部屋の片付け方、物の整理の仕方に悩む方って

結構いらっしゃるかと思います。

せっかく片付けたのに

気がついたら部屋が散らかっているなんてことも。

物が散らかっていて何から手をつけたら良いか

わからないなんて悩みをお持ちの方に

ちょっとした工夫の仕方、

考え方についてお話しますね。

 

スポンサーリンク

テーブルの上に注目しよう

 

片付けが慣れていない人は

テーブルの上から手を付けるべきでしょう。

散らかった状態でまとめて片付けるのは

至難の業ですので、場所を確保することです。

場所を確保することによって、

他の場所を片付けた時に一時的に

モノを置いておける場所が出来上がるので効果的です。

 

テーブルの上のモノはジャンル分けをしよう

 

テーブルの上に置いているものは

雑誌類、請求書、ペン、食器、

人によってさまざまですが、

まずはジャンル分けをしてみましょう。

テーブルの上だけに注目し、

ジャンル分けをして下さい。

部屋全体に目を向けて、

色んな物が無造作に置かれた状態では

永遠と片付けは進みませんし、

モチベーションの維持も難しいので、

「ここだ!」と決めて勧めていきましょう。

 

使用頻度と使用用途を考えよう

 

ジャンル分けが終わったら

使用頻度と使用用途などを考えます。

いつも使うものはテーブルの上に置いておいてもかまいませんが、

意外と使わないものまで置いておくことってありますよね。

例えばこんな感じで考えてみます。

 

  • 食器類はさっさと洗って所定の場所に戻す。
  • 請求書は期日などを調べ目に着く場所に置いておく。(再度テーブルの上でも可)
  • 保管が必要な重要書類は普段はあまり使用しないので、場所を決めて保管する。
  • ペンなどは普段使うモノ以外はペン立て等にしまうか、ペン立てがあってもそのペンたちを使わないならペン立ての使用を止めて別の場所に保管する。
  • 雑誌や本類は必要な時に見ればよいはずなので、常時置いておく必要は無い。

 

最初はこんな具合で

片付けの思考を身に着けてみましょう。

 

そうすることで、

自ずと使用頻度が少ないから

どこかにしまっておこうと思うはずです。

まずはそんなところからで良いんです。

 

テーブルの下にも注意

 

結構厄介ですが、

テーブルの下にモノが散らかってしまうことも

多々あることでしょう。

こちらも前項と同様に、

ジャンル分けをして使用頻度と用途を考えていきましょう

意外と多いのが、お菓子類だとかマンガ、雑誌等々。

 

場所を作るということを意識しよう

 

ただ、モノを綺麗にまとめるだけでは

片付けたとはなりません。

なので、まずはテーブルの上と下に

一旦何も無い状態にすることが目標です。

何も出来ない状態では

テーブルとしての役目が機能していない状態ですから

いつでも何かが出来る状態というのが理想ですね。

 

散らかっているとモノに価値がなくなってしまう

 

個人的な意見ですが、

モノが散らかっている状態というのは

視界から入る情報量が多いので落ち着きません。

本を読むにしても、集中出来ませんし、気分が散漫になります。

つまり、その本の良さをあまり実感できない状態になってしまいすので、

そのモノ本来の価値や恩恵を受けられない状態ということです。

このように考えると、

せっかく良いモノを持っていても

本来の良さを引き出せない部屋の状態だともったいない

と思ってしまうんですね。

最大限に活かすためには

どういう環境が適しているのかを

モノ一つ一つに対して考えていくことで

自然と部屋も片付いていく気がします。

適材適所というやつでしょうかね。

部屋の片付けからも学べることは沢山あるので、

悩んでいる方は少しづつでよいので頑張って見て下さい。

 

まとめ

 

箇所箇所でジャンル分けをして、

使用頻度と使用用途を考え

少しづつ片付けを勧めてみて下さい。

以上が、片付けになやんでいる方に向けて

テーブルから片付けようという話でした。

少しでも参考になれば幸いです。

 

コメント