雑記ブログで記事を書く時にタイトルと話の内容がずれた場合の対策方【自分を知ろう】

ブログ

 

ブログを始めて数日間、

投稿せずに無駄にしている

夢生(いぶき)です。

ブログを始めて間もないと、

悩むことが沢山あります。

右も左もわからない状態からスタートすれば、

皆同じ道を辿るものですね。

私は雑記ブログとして

このブログを運営し始めたのですが、

記事を書き勧めていくと、

途中で悩み始めることが何度か・・・。

例えばタイトルを先に決めて、

記事を書いて、段落を分けてとやっていくと、

「あれ、タイトルと少し話がずれている気がする」

 

こんなことが、まぁ結構あります。

逆も然り。

 

そしてタイトルを変更してみたり、

記事の内容を変更してみたりと

一向に進まないなんていう症状にお悩みの初心者の方へ、

初心者の私が偉そうにちょっとしたアドバイス。

(ちなみにこの記事も何度か以下に書かれている内容を実行しました。)

 

スポンサーリンク

タイトルと話がずれた場合

 

何かに特化したブログの場合は

こういった減少は比較的少ないのかと思われますが、

「雑記ブログ」で尚且「初心者」の場合は

こういった現象が多いのではないかと思います。

気にしない方はそれほど気にしなかったり、

上手くまとまって良い記事になるかも知れませんが、

良くも悪くも神経質(こだわりと言いたい)な私としては

気になってしまうんです。笑

なので、同じように悩み、

記事がなかなか進まない方々は記事を消したりせず、

以下の方法を実践してみてほしいです。

 

タイトルと沿っていない部分は別の記事にしてしまえ

 

そうすることによって、「記事のアイデア」が

また一つ増えるので一石二鳥だったりします。

私は「カテゴリー分けの記事」を書いている最中に、

話が脱線しこの記事を書くことができました。

 

タイトルを変える場合

 

タイトルを変えるなら、変えようと思ったタイミングではなく

そのまま「書きたいことを書き終えてから」が良いですね。

 

グーグルアドセンスの取得を考えているのであれば、

尚更その方が良かったりもするのではないでしょうか。

 

なぜかというと、タイトルに縛られずに書き勧めていくと、

意外と文字数が多かったりします。

もちろん内容がしっかりしていないとダメですが。

 

それから「タイトル」を考えても良いです。

 

また、そこから別記事にしても良い部分を見つけても、

比較的文字数が多い状態なのでそこまで苦労しないでしょう。

 

とにかく書きたいことを書くことで自分を知る

 

「何について書くのか」は書き手側の問題ですが、

とりあえず書くこと」を続けているうちに

その文面の中にいくつもの

「題材」が眠っていることに気がつきます。

 

そこから派生してどんどん記事を書いてみるという手法が

一番手っ取り早く、効率的に記事のアイデアが増えます。

 

そして「自分の得意な分野」が見えてきます。

 

本に関するコト、音楽のコト、遊び、

オピニオンや自己啓発だったりと、

書きたいことを書いているうちに

「自分に書けるコト」がわかってくる。

新しい自分の発見にも繋がります。

 

書くことに慣れることが一番の対策

 

ブログ記事でPV数を増やすためには、

「常に試行錯誤」しながら

書いていかなくてはいけませんが、

ジャンルやカテゴリー、タイトルや記事の内容、

SEO対策等々、考えるとキリがありません。

まずは「書くことに慣れること」が一番の対策だと実感。

修正は後からでも出来ますし、

やってみないことには何もわかりませんので、

最初の内は特に気にせずに、

記事を書くことに専念してみるのも一つの手です。

 

まとめ

 

簡単にまとめてしまうとこんな具合です。

 

  1. 書きたことをひたすら書いてみること
  2. 書いた記事の中で別記事にできそうなものは分けること
  3. とにかく書くこと

 

自分が書いた記事の中に眠る「題材」を探して、

別記事にしてしまうのもアイデアの一つ。

記事を書くことは難しいようで面白い

単純に、他の人がどんな考えを持っていて、

どんな視点で、どんな言葉で記事を書いているのか、

という部分を知ることも面白いですね。

今は色んな方がブログを運営していて、

ノウハウも到るところに散らばっています。

私は一人で黙々と独学する性格なので、

ブログの運営も結構時間がかかるかもしれません。

モチベーションの維持といういのも大変だとよく目にしますが、

私も実際に運営してみて本当にその通りだと思います。

ブログを継続するということが最も大変だと

多くの人が言っていますが、私を含め、

ブログ初心者の人たちは記事を書き続けてほしいです。

 

コメント